病院で働く

病院で働く

病院で働くー仕事内容

Pocket

研究する薬剤師

まず、病院には3つの種類があります。

症状の移り変わりが多い、急性期の患者が入院する「急性期病院」
ある程度症状の落ち着いた患者が長期入院する「慢性期病院」
上記2つが混在している「ケアミックス」の3つです。

急性期では日々症状が変わります。
それに伴い処方内容や薬の種類も変わるためかなり多忙な職場と言えるでしょう。
対して慢性期では比較的落ち着いている患者が多いので、
業務も急性期に比べるとゆったりしている場合が多いようです。

調剤、製剤

医師が出した処方箋の内容について、
飲み合わせや副作用、分量、飲み方などチェックしたうえで製剤を行います。

また、必要に応じて病院独自に薬や消毒剤などの製剤も行います。

服薬指導

患者に対して正しい薬の使い方を指導・アドバイスします。

こちらからの指導・アドバイスだけでなく、
患者の方から服薬について相談を受けることもあります。

コミュニケーションを直接取るため、正確な情報を提供するほか
個別の事情や患者の性格なども配慮しながら対話するスキルが求められます。

薬歴管理

患者の治療状況と薬物療法に関する情報を集約・管理し、
事故を未然に防ぐとても重要な仕事です。

注射薬の調剤

投与量や経路、速度、期間などのチェックを行い、
注射薬の調剤・製剤を行います。

医薬品の情報管理

病院内における一番の薬のスペシャリストとして業務を行うのが薬剤師です。

病院では医師や看護師とも連携しながら
チームとして医療現場を運営していきます。

数多く存在している薬の効能や副作用などに関する情報収集・管理はもとより、
常に最新の薬に関する知識や情報なども共有しながら
治療現場を支えることが求められています。

医薬品の管理及び供給

医薬品の在庫量や温度・湿度の管理など、品質管理も薬剤師の重要な業務です。

処方の設計

医師と連携し、処方の設計にも携わります。

抗生物質や臓器移植に用いる免疫抑制剤など、
さじ加減ひとつで大きく効果が変わってしまう難しい薬などは
患者の血中濃度を測定しながら最も適した薬物療法が進められるように
設計を組み立てていきます。

その他

製薬会社と協力して新薬を開発する際の治験業務や
院内感染の予防に向けた業務などもあります。

Pocket

Pickup