女性薬剤師の職場

女性薬剤師の職場

調剤薬局で働くーよく聞く転職理由

Pocket

職場の悪い雰囲気
職場の雰囲気が悪い

どの職業でも、転職理由として一番に上げられるものはやはり「人間関係」

調剤薬局でも職場の雰囲気が悪いことが一番の転職理由のようです。

特に薬剤師は各自黙々と仕事をこなす場面が多く、
閉鎖的な空間での業務になるので
いきいき快活に働きたいという希望を叶えるのが難しい職場です。

また、人数も少ないため職場の人間関係に対する悩みが非常に多いです。

この悩みは管理薬剤師になっても尽きないようで、
同僚後輩はもとより大手であれば
エリアマネージャーや事務員とのそりが合わないなど、
中間管理職であるが故の悩みを抱える人も多いようです。

職場の環境整備が悪い

特定科目の病院そばの調剤薬局では単科の調剤経験しか積めず、
もっと総合的に調剤を経験したいと思う薬剤師も多いようです。

この場合は総合病院の門前薬局など、
幅広い診療科を取り扱う調剤薬局への転職を検討してみるのがいいでしょう。

また、小さな調剤薬局では調剤機器が時代遅れで
デジタル化が進んでいないことにストレスを感じる薬剤師も多いようです。

もっと患者に寄り添いたい

門前薬局の場合作業が多く、非常に多忙なので
一人一人の患者に対してヒアリングが十分に行えない場合があります。

もちろん体に関することは知り得る限り把握するのですが、
弱っている患者とじっくり話したいと考える薬剤師は
あまりに多忙な職場にストレスを感じるとが多いようです。

このような場合はクリニックの前など
比較的患者数の少ない調剤薬局に転職することを検討してみるのがいいでしょう。

体力的にきつい

一日中立ち仕事なのでつらいと感じる人も多いようです。

大手チェーンでは店舗異動や転勤を求められる場合もあり、
住む場所が変わることをつらいと感じる薬剤師も多いようです。

オーナーが経営する地元の調剤薬局は店舗も少なく
異動や転勤がない場合がほとんどです。
移動や転勤を負担に感じるのであれば
小規模な調剤薬局への転職を検討してみるのがいいでしょう。

昇給しない

調剤報酬のマイナス改定に伴い、収益の悪化している調剤薬局が増えています。

収益が減れば昇給額が減ってしまうことも致し方ないでしょう。

どうしても昇給を望むのであれば管理薬剤師や薬局長を目指したり、
認定薬剤師資格の取得
を検討するのはいかがでしょう。
その分業務は増えてしまいますが、昇給が期待できます。

Pocket

Pickup