女性薬剤師の職場

女性薬剤師の職場

調剤薬局で働くーこんなところを注意

Pocket

焦った顔
知識に偏りが生じる

例えば内科のクリニックのそばにある調剤薬局であれば
自然と内科の薬を調剤する機会が増えるでしょう。

このように立地によって処方箋の偏りが生じてしまいます。
特定科目に関する専門性は高めることができますが、
幅広い処方箋薬に対する総合的な知識やスキルを身に着けることは
難しいと言わざるを得ないでしょう。

収入が下がる可能性

最近では調剤報酬のマイナス改定が続いています。
それに伴い収益が悪化している調剤薬局も増えているのが現状です。

この状態が続くと年収アップが見込めないパターンや
年収ダウンを余儀なくされる場合もあります。
会社の内情も的確に把握しておく必要があるでしょう。

人間関係に注意

調剤薬局は比較的人数の少ないところが多く、
狭い職場が故に人間関係が悪化すると居心地の悪さを感じやすいです。
同僚や上司との相性が合わないことを理由に転職を考える人も多いようです。

提示されている待遇はいいのに
いつも人材を募集しているところはどこかに落とし穴があるかもしれません。
人間関係は外からでは確認しにくいですが、
何度か足を運んでみるなど
職場環境も含めてしっかり確認したほうがいいでしょう。

研修制度がない場合が多い

研修制度や勉強会が充実している大手であれば問題はないようですが、
地元の小さな調剤薬局で長年勤務していると
一般的なビジネスマナーやスキルを身に着けることが難しく、
そのことがネックで転職活動が困難になる場合があります。

もちろん小さな調剤薬局には多くのメリットもあります。
自分の今後の働き方やスキルアップを正確に把握する必要があるでしょう。

Pocket

Pickup