女性薬剤師の職場

女性薬剤師の職場

調剤薬局で働くー仕事内容

Pocket

処方箋
処方箋の受付

処方箋の受付は
医師から出されている処方箋を患者から受け取るだけ
単純な作業だと思われがちですが、
患者は体調がすぐれないために病院やクリニックを訪れ
調剤薬局に薬を購入しに来ている場合がほとんどなので、
気持ちをよく汲み取って親切に対応することが求められます。

処方監査、疑義照会

医師の処方箋を確認して患者に適切な薬が処方されているか確認します。

この際個別体質やアレルギー薬歴を確認するのはもちろんのこと、
必要があればヒアリングやカウンセリングも行います。
(この一連の行動を処方監査と言います)

もし処方箋に疑問や不明点がある場合は医師に疑義照会を行い、
内容を詳しく確認します。

最近では高齢化に伴い患者が複数の病院に通院している場合が多く、
過去や現在の服薬状況を把握し、
副作用などを起こさないように
処方内容の確認をしっかりと行うことが大切
です。

調剤

調剤には主に4つの方法があります。

錠剤やカプセルなどを数えて取り揃えていく、比較的簡単な「計数調剤」

電子天秤などの機器で重さを量ったりしながら調剤していく「計量調剤」

患者の状況に合わせて、
市販されている医薬品では対応できない場合に
医師の指示によって安定剤や溶解補助剤などの添付剤を加えたり
製剤処理を加えて全く別の製剤を作ったりする「自家製剤」

錠剤やカプセル剤を一回服用分ごとにまとめて分封する「一包化調剤」
(飲み忘れや飲み間違いを防ぐために推奨されています)

以上の4つです。

服薬指導

患者にヒアリングなどをしながら
患者が正しい処方を行うアドバイスやカウンセリングを行います。

患者とのコミュニケーションなので事務的にやり取りしてしまうのではなく
適切で親切な話し方をすることが必要です。

薬歴管理

調剤録、薬剤服用管理記録を記入します。
患者がその後も適切な処方を行う上で重要な業務です。

その他

患者が来局してから薬を渡すまでが主な業務内容ですが、
それ以外にも自己管理や医師との情報共有はもちろん
局内の整理整頓や在庫の管理などの雑務も調剤薬局で働く薬剤師の仕事です。

Pocket

Pickup