ミスマッチを防ぐために

ミスマッチを防ぐために

自分の希望を明確にする

Pocket

相談する女性

せっかく転職したものの、思っていたような働き方ができず
結局ストレスになってまた転職を考えてしまう、なんてこともあります。

男女平等が実現化されつつありますが、
やはり出産や育児は女性がこなすウェイトが大きくなっているのが
現実ではないでしょうか。

家族を犠牲にしないためにも、どのような働き方を自分が求めているのか、
一度明確にすることが必要です。

頭の中でばかり考えない

人間は一人で頭の中で考えていると考えがまとまるのに非常に時間がかかります。
なので、どのような働き方にしようか考え始めたら
ぜひ用意していただきたいものが2つあります。

大きめの紙と書きやすい筆記具です。
家族の状況から自分がいま働きたい時間や日数、希望する収入をはじめ、
前職を退職した理由など思いついたことをなんでも紙に書いていくと
自分の希望が意外とクリアになってくるものです。

家族や友人に相談してみる

それでも考えがまとまらなければその紙をもって
周りの人に相談してみましょう。

薬剤師の友人はもちろん関係のない業種の人でも
日本という社会で働いていることには変わりありません。

聞いてもらうだけで気持ちが楽になったり、
言葉にすることで自分の気持ちに改めて気づかされることもあります。

また、何気ない一言の中から
適切なアドバイスを受け取ることもできるかもしれません。

転職薬剤師が気にしていた項目とは?

転職した薬剤師の多くが明確に希望した雇用項目は
「収入(いくらくらいか)」「勤務日数(週二日など)」が非常に多いです。

明確にしておくのは望むことだけでなく、
いやだと思う条件もすべて書き出しておくといいでしょう。
(激務を避けたいため、門前薬局は嫌だなど)

希望がすべてかなっていたとしても、
いやだと思う部分があれば仕事はなかなか続かないものです。

仕事だけでなくプライベートも想像してみる

将来なりたい自分を想像しておくことも大事です。

もし結婚したばかりなのであれば子供をどうするか、
どのように育てていくかなど、
家族計画をかなえられそうな職場を探すことで
長く続けられる職場にたどり着くでしょう。
もちろん無理な条件ばかり並べても意味がありません。

客観的に自分の価値を評価して、
その評価に見合った条件であるかも
第三者的な視点で見つめることが大切です。

Pocket

Pickup