ミスマッチを防ぐために

ミスマッチを防ぐために

定着率の悪い職場とは

Pocket

困った顔

せっかく就職したからには
いい環境で長く勤めたいと思う人がほとんどでしょう。

多くの人は同じような理由から転職を考えます。

それでは定着率の悪い職場というのはいったいどのような職場なのでしょうか。

人間関係

どのような職業でも転職理由に一番最初に上げられるのが
人間関係でしょう。

薬剤師もその限りではなく、
同僚や上司など様々な人との人間関係の悪化により転職を考えるようです。

人には合う人合わない人がどうしてもいます
その見極めをすることはなかなか難しいですが、
人の印象はほとんどが第一印象で決まってしまうとも言われています。

付き合っていったら意外といい人、
ならいいのですが少し話してみて
もしかしたらこの人とはうまくできないかもと感じてしまったなら、
もう少し悩んでみてもいいかもしれません。

事前の説明と異なる点が多い

求人票などに書かれていた給与と違う、
残業はないと言われていたのに毎日残業している、
など事前に受けていた説明と異なる点が多ければ、
せっかく就職したとしてもまた転職をという結果になってしまうことは
容易に想像できます。

また、事前に説明を受けていたとしても、
あまりにも勤務時間が長かったり、
有給休暇の取得ができなかったりと納得できない状況になれば
人は離れて行ってしまうものです。

求人票や面接時の職場見学だけでは
実際の職場環境を充分理解することは難しいと言えるでしょう。

もしも応募した企業が紹介予定派遣を利用させてくれるのであれば
ぜひ利用することをお勧めします。

いつもかも求人情報を出している職場は
それだけ定着率が悪い可能性があります。

周りの人からの情報も収集し、時間を浪費しなくてもいいようにしましょう。

Pocket

Pickup