ミスマッチを防ぐために

ミスマッチを防ぐために

立地の違いでこんなに違う働き方

Pocket

大病院の前

薬剤師は業種だけでなく、立地によってもかなり働き方に違いが出てきます。

忙しいことが得意な人もいれば
ゆっくり丁寧に業務をこなすことが得意な人もいます。
自分がどの働き方に一番合っているのか
よく考えてから転職先を探すようにしましょう。

門前薬局

病院の前に並んでいる薬局を門前薬局と呼びます。

病院に合わせて土日など、カレンダー通りの休みが多く、
営業時間も17時や18時までと比較的早い時間に終了するので
配偶者が土日休の一般企業に勤めている奥さん薬剤師にも人気があります。

総合科目で取り扱う処方箋の量が非常に多く、
幅広い知識を身に着けることができますが、
その分他の立地と比べて忙しいことが多いです。

ただ、総合病院の門前など、忙しいことが容易に予想される門前薬局では
その分薬剤師の数も増やしており、
回転が速い分最新の機材の導入にも前向きなところが多いため、
かなりのスキルを身に着けることができると言えるでしょう。

マンツーマン薬局

診療所の前に構えている薬局のことをマンツーマン薬局と呼びます。

特定の診療所からの処方箋割合が八割を超えているので、
その診療所がメインとする専門科目に対しての知識が身に付きます。

反面、他の科目にはどうしても疎くなってしまうので、
総合的に医薬品の知識を身に着けたいと希望する薬剤師には
あまり向かない職場かもしれません。

目の前の診療所に合わせた休み(水曜や木曜休みが比較的多い)となり、
土曜日は午前中営業の場合が多いです。

配偶者が飲食業やアパレル業など、
平日の特定の曜日に休みを取得したいと考える奥さん薬剤師
に人気です。
営業時間は診療所の営業時間に合わせて
18時や19時までのところが多いようです。

診療所の規模にもよりますが、
一般的にものすごく多忙ということは少ないですが、
その分薬剤師の数も少なく2人程度か1人しかいないところもあります。

面分業薬局

駅前など、人通りの多いところに立地しており、
多種多彩な医療機関からの処方箋を応需する薬局のことを面分業薬局と呼びます。
ドラッグストアと併設の調剤薬局である場合が多いようです。

様々な医療機関からランダムで処方箋が来るため、
在庫管理が難しいという特徴があります。
反対に様々な処方箋のパターンを学習することができるので
知識を広く身に着けたいという人にはお勧めの職場です。

一般的に営業時間が長く、終業が遅くなることが多いようです。

また、土日の営業も多いですが、
その分年収が比較的高いため子育ての終了した薬剤師に人気があります。

Pocket

Pickup