面接の基本

面接の基本

服装もマナーの一部です

Pocket

すっきりとした服装

面接時の服装はどうするべきであるかと悩まれる方も多いです。

どのような服装が適当なのでしょうか。確認していきましょう。

基本はスーツ

新卒者でもないのにスーツなんて
という声もありますがいけない理由はどこにもありません。

変にこだわった格好で赴くより
すっきりと清潔感のあるスーツ姿で面接で臨むほうが適当です。

ただし、フォーマルな服装であれば私服であってもいいというところもあります。

企業の雰囲気や求めている人材像にもよるので一概には言い切れませんが、
わからないのであればスーツを着ていくことが無難でしょう。

逆に私服と指定されているのであればスーツで行くのは適当ではないので、
そのままその職場で仕事が行えるような
雰囲気に見合った服装で面接に臨みましょう。

企業がこちらに何を求めているか正確に読み取ることが大切なのです。

その際、実際に働いている人の服装などを参考にして
適切な服装であるか前日のうちにしっかり確認しておきましょう。

ときに「カジュアルな服装でお越しください」と
服装を指定している企業もあります。

このカジュアルというのはあくまでオフィスカジュアルという意味であって
好きな服装で面接に臨んでいいというわけではありません。

ジーンズやスニーカーは金額の如何に問わず絶対に避けましょう。
暑い季節だからと言って露出の高い服や、
華美な色の服装も避けたほうがいいでしょう。

また、スーツも厳格な職場であれば黒がいいですが
患者さんを相手にする薬局など穏やかな印象を与えたい場合は
紺や茶などおとなしい色で自分の雰囲気に合ったものを選ぶといいでしょう。

細いストライプなど、
柄の入ったものでも構いませんが派手な印象を与える場合が多いため
服装に詳しくないのであれば無地のものが無難です。

ワイシャツの色、靴と鞄

ワイシャツやブラウスの色は正装のが最も無難です。

細くて見た目の印象が淡い色になるストライプは多少遊びがあり、
好印象を与えることもありますが
相手にどのような印象を与えるかはわかりませんので
これで絶対にいいという自信がないのであれば
避けたほうが無難です。

面接時の服装では鞄や靴も重要です。

特に鞄は資料など書類を受け取る必要がある場合が多いので、
A4サイズの用紙が入るような鞄を用意しましょう。

面接の際椅子の横に置くことが多いので自立できるような、
できるだけ形の整った鞄がいいでしょう。

靴も採点対象となる場合があるので、
ぼろぼろになってしまったような靴は避け、
黒か濃い色の革もしくはそれに準ずるようなものを用意しましょう。

ヒールは3cm程度の太めものであればすっきりとした印象を与えますが、
ピンヒールなど細くて高いヒールの物は避けましょう。

アクセサリー類はどこまでOK?

基本的にはすべて外したほうがいいでしょう。

調剤の業務をしているときはアクセサリー類はすべて外しているはずなので、
面接時も同等の状態で臨んだほうが無難です。

許されるアクセサリーは結婚指輪までと考えておきましょう。

逆に、就業時は装着しませんが、
時間を確認するために腕時計は用意しておくといいでしょう。

面接時は携帯電話など普段時間を確認しているであろう電子機器の電源は
すべてOFFにしてあるので、
場合によっては<時間がわからなくなってしまい焦ってしまうこともあります。

腕時計を利用する際も、高級なものでなく、
時間が確認しやすい機能的なもののほうがいいでしょう。

デジタル式よりはアナログ式の物のほうがいいです。
デジタル式を利用する場合はアラームなどが鳴ってしまわないように
充分に注意する必要がありますし、
見た目にもアナログ式のほうがフォーマルな格好に合っています。

面接はお見合いではありません。
ドレスアップする必要は全くないので清潔感のある服装で臨みましょう。

Pocket

Pickup