面接の基本

面接の基本

不採用になってしまった人に多くみられること

Pocket

不採用

何度面接を受けてもうまくいかないという人も見受けられます。
何がいけないのか自分自身を振り返って、一度考え直してみましょう。

学びの姿勢が薄く、会社情報を詳しく調べていない

調剤経験がなくても採用してくれる企業はきちんとあります。

だからと言って手とり足とり丁寧に教えてくれなきゃできません
という態度の人間を会社は求めているでしょうか。

こちらでも書いていますが、
調剤経験がないというのは通常であればマイナスの要因にしかなり得ません。

まれに問わないと言ってくれる企業もありますが
基本的には即戦力を企業は求めているのです。
即戦力になり得ないのであれば、
即戦力になれるよう最大限努力するという姿勢を
理解してもらうことが必要でしょう。

また、条件ばかりを気にしてどのような人材を会社が求めているのか
理解していなければ対応もできません。

例えば育産休を取得している社員の代わりの期限付き契約社員を応募しているのに
定年まで勤め上げたいですと主張するのは全く違うでしょう。

そこまではずれていなくても、
特定のクリニックからの処方箋を主に対応している調剤薬局で
薬学に対する広い知識を学ぶことができると思ったから、
と答えるのもおかしいです。

そのようなスキルを求めるのであれば
もっと適した職場を探す必要があります。

協調性が乏しい

人数に違いはあれど、同じ職場の人と連携しながら進める仕事なので、
自分の都合だけを話している人を不採用にすることも多いようです。

もちろん面接時に不安や疑問点を質問、確認することは大切なことですが、
どんなことがあっても特定の曜日は決まった時間に帰れますか、や
これまでに人間関係が原因で何度も職場を変えてきた、など
協調性に欠けるようなことを吐露するような発言は控えましょう。

もちろん特定曜日に決まった時間に退社できるかどうか
確認することが悪いことではありません。

しかし、そういった融通の利かなさが
不採用につながっているということを理解するべきです。

また、人間関係に関してはどんな人が相手でどんな理由であったとしても
100%相手が悪いということはまずあり得ません

たとえ相手が100%悪かったとしても
そのことを短い時間で面接者に伝えることはできません<。
自分が悪かったと相手に受け取られてしまうこともあるという、
リスクの高い行為に出る必要はありません。

コミュニケーション能力が低く、暗そう

薬剤師の重要な仕事はもちろん調剤でもありますが、
来店者に対する接客も非常に重要な仕事のひとつです。
初対面の人間にいい印象をもってもらえないような人を
企業が雇い入れることは難しいでしょう。

例えば面接者が投げかけた質問に対して的確な答えができないというのは、
来店者が薬に関しての質問をした時にも
的確な答えを返すことができないのではないかという不安にもつながります。

もちろん思ってもいないことを創作して
相手が求めているであろうことばかり都合よく返答するわけにはいきませんが、
正しい情報を的確に返答する能力が求められています。

その際目を合わせないなど、
いかにもコミュニケーション能力が低そうな対応をしていては、
いくら的確に答えていても相手に伝わらなくなってしまいます。

顔を上げてはきはきと明るい表情で受け答えるようにしましょう。

Pocket

Pickup